事故情報のまとめ

ISENのつぶやき

TOP > 情報セキュリティ事故ニュース > 私立大学、パソコン本体の紛失・置き忘れによる18件の個人情報漏えい

漏洩・紛失・不正行為…情報セキュリティ事故

前月の事故件数
14
件
  • 学校種別で検索する
  • 都道府県で検索する
  • 年度で検索する
  • 漏えい人数件数で検索する
  • 漏えい媒体で検索する
  • 事故の種類で検索する

漏えい媒体

  • 2011.05.30

    【東京都】 紛失・置き忘れ

    私立大学、パソコン本体の紛失・置き忘れによる18件の個人情報漏えい

2011年5月30日、
パソコン本体で、 紛失・置き忘れによる 個人情報の漏えいがあったことがわかった。

同大学の教育センターに勤務する職員が帰宅途中、電車内でノートパソコンを紛失した。

ノートパソコンは大学から貸与されたもので、ハードディスクは暗号化されていたものの、
受講生のレポートが保存されていたという。

jiko_coment.gif

●ISEN事務局 コメント
最近では、生徒や学生からの提出物を電子データで受け取ることも多いかと思います。
 パソコンのハードディスク内にこのようなデータを保存する場合には、
パソコン内の保存期間をあらかじめ決めておき、保存期間が過ぎたものを
削除することをおすすめします。
 長期間パソコン内に保存してしまうと、保存されている情報が増えて、
万が一、紛失や盗難があった際に漏えい件数が増えてしまうからです。

(2011.06.01)

つぶやく

一覧へ戻る


PAGE TOP