ISENのつぶやき

TOP > 情報セキュリティ事故ニュース > 市立保育園、USBメモリの紛失による190件の個人情報漏えい

漏洩・紛失・不正行為…情報セキュリティ事故

前月の事故件数
11
件
  • 学校種別で検索する
  • 都道府県で検索する
  • 年度で検索する
  • 漏えい人数件数で検索する
  • 漏えい媒体で検索する
  • 事故の種類で検索する

学校種別

  • 2011.10.24

    【大阪府】 紛失・置忘れ コメント有

    市立保育園、USBメモリの紛失による190件の個人情報漏えい

2011年10月24日、
大阪府の市立保育園で、USBメモリの紛失による190件の個人情報の漏えいがあったことがわかった。

保育所の職員が児童の氏名など個人情報が入ったUSBメモリを紛失した。
USBメモリには2009年度から今年度にかけ在籍した児童の氏名や、
一部の児童の生年月日やアレルギー情報などが入っていた。

職員は今月20日、園の遠足で訪れた先のトイレでUSBメモリなどが入ったポーチを置き忘れた。
USBメモリは私物で、異動に伴い、業務に早く慣れようと無断で個人情報をコピーして持っていたという。

jiko_coment.gif

●ISEN事務局 コメント

この事故は遠足の引率中に発生した事故です。
遠足の引率中にUSBメモリの情報を見られるでしょうか?
(大抵の場合は)見られませんよね。

私物のUSBメモリに無断でコピーするというルール違反も問題ですが、
1.必要ない情報、機器は持ち歩かないこと
2.持ち歩くかばんには何が入っているか把握できるようにすること
が必要です。

(2011.10.24)

つぶやく

一覧へ戻る


PAGE TOP