ISENのつぶやき

TOP > 情報セキュリティ事故ニュース > 区立中学校、書類の設定ミスによる117件の個人情報漏えい

漏洩・紛失・不正行為…情報セキュリティ事故

前月の事故件数
12
件
  • 学校種別で検索する
  • 都道府県で検索する
  • 年度で検索する
  • 漏えい人数件数で検索する
  • 漏えい媒体で検索する
  • 事故の種類で検索する

学校種別

  • 2011.10.7

    【東京都】 設定ミス コメント有

    区立中学校、書類の設定ミスによる117件の個人情報漏えい

2011年10月7日、
東京都の区立中学校で、書類の設定ミスによる117件の個人情報の漏えいがあったことがわかった。

区立中学校が近隣小学校の保護者向けに配った「学校公開案内」に、
生徒の成績一覧表を誤って混入させたという。

発表によると、学校公開案内はA4判の紙200枚を両面印刷して作成。
うち8枚の片面に生徒の名前と美術や保健体育の評価を記載した一覧表が紛れたという。

学校公開案内を教諭が学校のプリンターで印刷した際、
別の教諭が同じプリンターで成績一覧表を印刷したものを放置していたため、
学校公開案内に紛れたとみられる。

jiko_coment.gif

●ISEN事務局 コメント

プリンターへ印刷物を取りに行くと、
他の人が印刷した資料以外が放置されている、
ということはよくあると思います。

印刷したらすぐに印刷物を取りに行くのはもちろん、
しばらく放置されている資料があればどのように対処するのか、
また今回の事故のように多くの資料を印刷する場合の確認は
どのようにするのか、などを情報セキュリティポリシーや学校内の
実施手順で決めておくことが必要でしょう。

(2011.10.07)

つぶやく

一覧へ戻る


PAGE TOP