ISENのつぶやき

TOP > 情報セキュリティ事故ニュース > 私立高等学校、USBメモリの紛失による計414件の個人情報漏えい

漏洩・紛失・不正行為…情報セキュリティ事故

前月の事故件数
12
件
  • 学校種別で検索する
  • 都道府県で検索する
  • 年度で検索する
  • 漏えい人数件数で検索する
  • 漏えい媒体で検索する
  • 事故の種類で検索する

学校種別

  • 2011.11.26

    【大阪府】 紛失・置忘れ コメント有

    私立高等学校、USBメモリの紛失による計414件の個人情報漏えい

2011年11月26日、
大阪府の私立高等学校で、USBメモリの紛失による計414件の個人情報の漏えいがあったことがわかった。

教員がケースに入れてあった、生徒の成績情報等が保存されたUSBメモリを紛失した。
USBメモリには生徒の英語の成績、出欠の記録や海外研修参加者名簿などが保存されていたという。

同校は指紋認証が必要な公用のUSBメモリを配布していたが、教員は私用のUSBメモリを使っていた。

jiko_coment.gif

●ISEN事務局 コメント

最近では教育委員会や学校側で公用のUSBメモリを配布することも
多くなって来ましたが、実際には配布されたUSBメモリを使用せず、
今回のように私用のUSBメモリを使い続けている例もよく聞きます。

公用のUSBメモリの利用状況を継続的に確認し、なかなか利用されて
いない場合は、その原因をしっかりと確認することが必要と言えます。
例えば、学校で業務を終わらせている、実は私物のUSBメモリを利用している、
使い方がよくわからない、認証の登録の仕方がわからない、など原因によって
次に実施する対策が変わってくるでしょう。


(2011.11.26)

つぶやく

一覧へ戻る


PAGE TOP