事故情報のまとめ

ISENのつぶやき

TOP > 情報セキュリティ事故ニュース > 国立大学、USB等の可搬記録媒体の紛失・置き忘れによる個人情報漏えい

漏洩・紛失・不正行為…情報セキュリティ事故

前月の事故件数
15
件
  • 学校種別で検索する
  • 都道府県で検索する
  • 年度で検索する
  • 漏えい人数件数で検索する
  • 漏えい媒体で検索する
  • 事故の種類で検索する

漏えい媒体

  • 2012.02.10

    【山形県】 紛失・置き忘れ

    国立大学、USB等の可搬記録媒体の紛失・置き忘れによる個人情報漏えい

2012年2月10日、
USB等の可搬記録媒体で、 紛失・置き忘れによる 件の 個人情報の漏えいがあったことがわかった。

紛失したUSBメモリ内には、平成23年度入学試験受験者の氏名、
生年月日などが記録されていた。
今年の1月28日、キャンパス内にて教員が作業のためUSBメモリを使用し、
その後紛失したという。

jiko_coment.gif

●ISEN事務局 コメント

 
USBメモリの特徴を踏まえると、情報は長期保存せず、一時的な移動手段として利用することが望ましいです。
 
また、USBメモリ利用の際には紛失しそうになったとき、気づきやすくするための工夫が大切です。
大きめのストラップや、目立つ色のプレートなどをつけましょう。

(2012.02.10)

つぶやく

一覧へ戻る


PAGE TOP