ISENのつぶやき

TOP > 情報セキュリティ事故ニュース > 市立中学校、内部不正行為による189件の個人情報漏えい

漏洩・紛失・不正行為…情報セキュリティ事故

前月の事故件数
12
件
  • 学校種別で検索する
  • 都道府県で検索する
  • 年度で検索する
  • 漏えい人数件数で検索する
  • 漏えい媒体で検索する
  • 事故の種類で検索する

学校種別

  • 2012.5.1

    【神奈川県】 内部不正行為 コメント有

    市立中学校、内部不正行為による189件の個人情報漏えい

2012年5月1日、
神奈川県の市立中学校で、内部不正行為による189件の個人情報の漏えいがあったことがわかった。

市立中学校で、卒業生の進路指導用資料を裁断処分せずに、裏紙として再利用していたことがわかった。
同校の教諭が進路指導用資料を作成し、進路指導後、裏紙として再利用しようと、印刷室に置いた。

資料の字を見えなくするため、プリンターで上から記号が印字されていたものの、その裏紙を受け取った
生徒や保護者から「読み取れる」などとの指摘があり、事故が発覚した。

jiko_coment.gif

●ISEN事務局 コメント

裏紙を使用するときは、
 ・印刷の途中や終了後に内容を確認する。
 ・裏紙として使うのは先生間同士の資料に限定する。
 ・裏紙の利用目的は試し刷りに限定する。
などといったルールを決めておきましょう。

そうすれば、今回のような事故は防げるのではないでしょうか。

(2012.05.01)

つぶやく

一覧へ戻る


PAGE TOP