ISENのつぶやき

TOP > 情報セキュリティ事故ニュース > 利用禁止の私物USBメモリを使用し、児童596人分の個人情報紛失

漏洩・紛失・不正行為…情報セキュリティ事故

前月の事故件数
15
件
  • 学校種別で検索する
  • 都道府県で検索する
  • 年度で検索する
  • 漏えい人数件数で検索する
  • 漏えい媒体で検索する
  • 事故の種類で検索する

学校種別

  • 2017.6.28

    【千葉県】 紛失・置忘れ

    利用禁止の私物USBメモリを使用し、児童596人分の個人情報紛失

2017年6月28日、千葉県の市立小学校の養護教諭が
児童の個人情報 596人分の入ったUSBメモリを
紛失していたことがわかった。

個人情報には、視力検査結果や、生活支援が必要な児童、
低所得家庭の児童などの情報も含まれていたという。

市教育委員会によると、私物USBメモリに個人情報を保存する
ことを禁止しているが、養護教諭は自宅で仕事をするために、
私物USBメモリに個人情報を保存して持ち帰ったという。

(2017.06.28)

つぶやく

一覧へ戻る


PAGE TOP