ISENのつぶやき

TOP > 情報セキュリティ事故ニュース > 高等学校、就学支援金受給資格の通知書1人分を誤送付

漏洩・紛失・不正行為…情報セキュリティ事故

前月の事故件数
6
件
  • 学校種別で検索する
  • 都道府県で検索する
  • 年度で検索する
  • 漏えい人数件数で検索する
  • 漏えい媒体で検索する
  • 事故の種類で検索する

学校種別

  • 2017.8.3

    【鳥取県】

    高等学校、就学支援金受給資格の通知書1人分を誤送付

2017年8月3日、鳥取県内の高等学校で誤って就学支援金受給資格の通知書を
送付し、1名分の個人情報が流出してしまったことがわかった。

流出した個人情報には認定番号、生徒の氏名、受給に関する情報等が
含まれていたという。

同県教育委員会によると、学校担当者が生徒Aへの通知文書を封入するための
宛名ラベルを作成する際、同じ名字の生徒Bと誤認し作成。
書類封入時も、宛名ラベルに記載されている情報が生徒Bのものであることに
気付かずに、生徒Aの通知を送付してしまったという。

(2017.08.03)

つぶやく

一覧へ戻る


PAGE TOP