事故情報のまとめ

ISENのつぶやき

TOP > 情報セキュリティ事故ニュース > 県立大学、不正アクセスで168人分の個人情報流出

漏洩・紛失・不正行為…情報セキュリティ事故

前月の事故件数
9
件
  • 学校種別で検索する
  • 都道府県で検索する
  • 年度で検索する
  • 漏えい人数件数で検索する
  • 漏えい媒体で検索する
  • 事故の種類で検索する

漏えい媒体

  • 2018.01.24

    【滋賀県】 不正アクセス

    県立大学、不正アクセスで168人分の個人情報流出

2018年1月24日、滋賀県の県立大学で、
教員の私用メールアカウントに海外からの不正アクセスがあり、
168人分の個人情報が流出していたことがわかった。

教員は大学の許可を得て学内のメールを私用メールアカウントに
転送していた。

約4か月の間に転送された430通のメールには、
学生や職員、学外関係者など168人分の氏名や住所、
成績、進路の情報などが記載されていたという。

教員はメールアカウントのパスワードが勝手に変更されている
ことに気付き、情報処理担当者が調査したところ、不正アクセスが
発覚したという。

(2018.01.24)

つぶやく

一覧へ戻る


PAGE TOP