事故情報のまとめ

ISENのつぶやき

TOP > 情報セキュリティ事故ニュース > 県立特別支援学校、児童生徒の個人情報を記録したUSBメモリを紛失

漏洩・紛失・不正行為…情報セキュリティ事故

前月の事故件数
29
件
  • 学校種別で検索する
  • 都道府県で検索する
  • 年度で検索する
  • 漏えい人数件数で検索する
  • 漏えい媒体で検索する
  • 事故の種類で検索する

漏えい媒体

  • 2018.06.18

    【山梨県】 紛失・置き忘れ

    県立特別支援学校、児童生徒の個人情報を記録したUSBメモリを紛失

2018年6月18日、山梨県の県立特別支援学校で、
児童生徒36人の個人情報などを記録したUSBメモリを、
紛失していたことが分かった。

紛失したUSBメモリには、下記などが入っていた。
(1)同校の寄宿舎に在籍する32人分の学年、組、名前が記載された一覧表
(2)小中学部2人、高等部1人、昨年度卒業した1人の生徒の個人情報
(3)障害の状態や服薬状況、食事の留意点などを記載した生徒実態把握票
(4)教職員勤務簿

紛失したUSBメモリは教員の私物で、パスワードはかけられていなかったという。
県立学校のルールでは、子供の個人情報を校外へ持ち出すことは禁止されている。

(2018.06.18)

つぶやく

一覧へ戻る


PAGE TOP