事故情報のまとめ

ISENのつぶやき

TOP > 情報セキュリティ事故ニュース > 私立大学、メールの誤送信により学生512人分のメールアドレスが漏えい

漏洩・紛失・不正行為…情報セキュリティ事故

前月の事故件数
18
件
  • 学校種別で検索する
  • 都道府県で検索する
  • 年度で検索する
  • 漏えい人数件数で検索する
  • 漏えい媒体で検索する
  • 事故の種類で検索する

漏えい媒体

  • 2018.06.09

    【東京都】 誤操作・誤送信

    私立大学、メールの誤送信により学生512人分のメールアドレスが漏えい

2018年6月9日、東京都の私立大学で
メールの誤送信により学生512人分のメールアドレスが
漏えいしていたことが分かった。

誤送信されたメールは、
本学大学院から学部3、4年生の512人に送られていたが、
それらのメールアドレスは宛先欄「To.」に入力され、送信されていたという。

「To.」でメールを受けとった場合、
自分以外の受信者のメールアドレスを閲覧できる状態にあるため、
メールを受信した学生が誤送信に気付き指摘をしたことで本件が発覚した。

同大学は、受信者にメールの削除を依頼しているという。

(2018.06.09)

つぶやく

一覧へ戻る


PAGE TOP