事故情報のまとめ

ISENのつぶやき

TOP > 情報セキュリティ事故ニュース > 私立大学、679人の個人情報が保存されたノートパソコンが盗難

漏洩・紛失・不正行為…情報セキュリティ事故

前月の事故件数
18
件
  • 学校種別で検索する
  • 都道府県で検索する
  • 年度で検索する
  • 漏えい人数件数で検索する
  • 漏えい媒体で検索する
  • 事故の種類で検索する

漏えい媒体

  • 2018.06.26

    【福岡県】 盗難

    私立大学、679人の個人情報が保存されたノートパソコンが盗難

2018年6月26日、福岡県の私立大学で
679人の個人情報が保存されたノートパソコンが
盗まれていたことが分かった。

盗まれたノートパソコンは大学のもので、
ドイツでの海外研修に参加する学生の引率をしていた教員が所持していたが、
現地のホテルで従業員を装った男2人にスーツケースごと盗まれたという。

研修への出発前に持ち出し用のパソコンが故障したため
教員は、今回盗まれたノートパソコンを持って行ったという。

盗まれたノートパソコンには、教員が非常勤講師を務める
別の大学の学生に関する個人情報も保存されており、
名前、学籍番号、メールアドレス、レポートの提出状況などが
含まれていた。

海外研修手続き書類、授業メモなど一部の情報は暗号化していたが、
ほとんどのデータは暗号化していなかった可能性が高いという。

(2018.06.26)

つぶやく

一覧へ戻る


PAGE TOP