事故情報のまとめ

ISENのつぶやき

TOP > 情報セキュリティ事故ニュース > 県立盲学校、児童・生徒12人分の個人情報が書かれた資料を誤配付

漏洩・紛失・不正行為…情報セキュリティ事故

前月の事故件数
15
件
  • 学校種別で検索する
  • 都道府県で検索する
  • 年度で検索する
  • 漏えい人数件数で検索する
  • 漏えい媒体で検索する
  • 事故の種類で検索する

漏えい媒体

  • 2018.07.17

    【滋賀県】

    県立盲学校、児童・生徒12人分の個人情報が書かれた資料を誤配付

2018年7月17日、滋賀県の県立盲学校で
児童・生徒12人分の個人情報が書かれた資料を
別の生徒に誤配付していたことが分かった。

教諭が、宿題プリントを生徒1人に配付する際に、
当該資料が紛れていることに気が付かずに配付したという。
プリントを受け取った生徒の保護者が資料を返却し発覚した。

資料には、同校の寄宿舎に入る児童・生徒12人分の氏名と、
そのうち11人分の性別、障害の状況、生活面や健康面での
配慮事項が書かれていたという。

(2018.07.17)

つぶやく

一覧へ戻る


PAGE TOP