事故情報のまとめ

ISENのつぶやき

TOP > 情報セキュリティ事故ニュース > 県立高等学校、生徒の個人情報が入ったハードディスクと教材費が盗難

漏洩・紛失・不正行為…情報セキュリティ事故

前月の事故件数
18
件
  • 学校種別で検索する
  • 都道府県で検索する
  • 年度で検索する
  • 漏えい人数件数で検索する
  • 漏えい媒体で検索する
  • 事故の種類で検索する

漏えい媒体

  • 2018.08.22

    【山梨県】 盗難

    県立高等学校、生徒の個人情報が入ったハードディスクと教材費が盗難

2018年8月22日、山梨県の県立高等学校の教諭が
生徒の個人情報を保存したハードディスクと
教材費を盗まれていたことが分かった。

ハードディスクには、定時制課程の生徒335人の名前と、
45人分の成績データが保存されていた。
生徒から徴収した約19万円の教材費は、業者に支払われる予定だったという。

教諭は自宅で仕事をするため、
普段からハードディスクを持ち帰っており、
盗難に遭った日も、教材費と一緒に持ち帰っていた。

教諭は帰宅後、ハードディスクと教材費を入れたバックを居間に置き、就寝した。
翌朝、起床したときにバッグごと持ち去られていることに気が付いたという。
教諭は、自宅の窓の鍵をかけ忘れていたという。

教育委員会では、個人情報の入ったUSBメモリなどの
記憶媒体の持ち出しを禁止していた。

(2018.08.22)

つぶやく

一覧へ戻る


PAGE TOP