ISENのつぶやき

TOP > 関連省庁・団体ニュース > 文部科学省、夏休み明けの自殺対策を呼びかけ

どうなる?今後の学校ICT 文科省・総務省ニュース

  • 2016.07.22

    文部科学省

    文部科学省、夏休み明けの自殺対策を呼びかけ

文部科学省は、夏休み明け前後に子供の自殺が
急増する傾向があるとして、対策を呼び掛けています。

過去42年間で自殺した18歳以下の子供は1万8,048人。
日別自殺者数をみると、学校の長期休業明け直後の
9月1日などに自殺が増える傾向があります。
(内閣府「平成27年版自殺対策白書」)

文部科学省はこうした状況を踏まえ、学校に対して
休み前にアンケートを実施したり、ネットパトロールを
強化したりすることを要請しました。

休み明け前後は、子供をより注意深く見守っていきましょう。

平成27年版自殺対策白書(内閣府)
http://www8.cao.go.jp/jisatsutaisaku/whitepaper/w-2015/pdf/gaiyou/index.html

つぶやく

一覧へ戻る


PAGE TOP