事故情報のまとめ

ISENのつぶやき

TOP > 情報セキュリティ事故ニュース > 市立中学校、インターネットのワーム・ウイルス感染による200件の個人情報漏えい

漏洩・紛失・不正行為…情報セキュリティ事故

前月の事故件数
23
件
  • 学校種別で検索する
  • 都道府県で検索する
  • 年度で検索する
  • 漏えい人数件数で検索する
  • 漏えい媒体で検索する
  • 事故の種類で検索する

漏えい媒体

  • 2010.03.22

    【長崎県】 ワーム・ウイルス感染

    市立中学校、インターネットのワーム・ウイルス感染による200件の個人情報漏えい

2010年3月22日、
インターネットで、 ワーム・ウイルス感染による 個人情報の漏えいがあったことがわかった。

校長の個人パソコンから、在校生全員と過去3年間の卒業生計約200人分の
個人情報を含むデータがインターネット上に流出したという。

ファイル共有ソフト「Share」により情報流出した可能性がある。
流出したデータには、生徒の氏名や住所などが含まれていた。

(2010.03.24)

つぶやく

一覧へ戻る


PAGE TOP