事故情報のまとめ

ISENのつぶやき

TOP > 情報セキュリティ事故ニュース > 県立学校18校、紙媒体の紛失・置き忘れによる289件の個人情報漏えい

漏洩・紛失・不正行為…情報セキュリティ事故

前月の事故件数
11
件
  • 学校種別で検索する
  • 都道府県で検索する
  • 年度で検索する
  • 漏えい人数件数で検索する
  • 漏えい媒体で検索する
  • 事故の種類で検索する

漏えい媒体

  • 2014.04.28

    【広島県】 紛失・置き忘れ

    県立学校18校、紙媒体の紛失・置き忘れによる289件の個人情報漏えい

2014年4月28日、
紙媒体で、 紛失・置き忘れによる 個人情報の漏えいがあったことがわかった。

県内の高校で今年1月に指導要録の紛失が発覚したことから、全県立学校でも調査を行ったところ、
新たに県立高校14校と特別支援学校4校で、指導要録の紛失が発覚したという。

紛失した指導要録には、児童・生徒の氏名や生年月日、保護者名、住所、
進学・就職先、各教科・科目などの修得単位数が記録されていた。

指導要録は学籍に関するものと指導に関するものがあり、
学籍書類は20年間、指導書類は5年間の保存が義務付けられている。
18校では、保存期間の認識不足から誤って廃棄された可能性が高いという。

(2014.04.28)

つぶやく

一覧へ戻る


PAGE TOP