事故情報のまとめ

ISENのつぶやき

TOP > 情報セキュリティ事故ニュース > 県立高等学校、USB等の可搬記録媒体の紛失・置き忘れによる58件の個人情報漏えい

漏洩・紛失・不正行為…情報セキュリティ事故

前月の事故件数
7
件
  • 学校種別で検索する
  • 都道府県で検索する
  • 年度で検索する
  • 漏えい人数件数で検索する
  • 漏えい媒体で検索する
  • 事故の種類で検索する

漏えい媒体

  • 2014.05.26

    【三重県】 紛失・置き忘れ

    県立高等学校、USB等の可搬記録媒体の紛失・置き忘れによる58件の個人情報漏えい

2014年5月26日、
USB等の可搬記録媒体で、 紛失・置き忘れによる 個人情報の漏えいがあったことがわかった。

教諭が生徒の個人情報を記録したUSBメモリを紛失した。
USBメモリには、教諭が昨年度まで担任をしていた生徒の
氏名や住所、成績、指導の記録などが保存されていた。

教諭は4月中旬、自宅でデータの入力作業をするために、
学校のパソコンからUSBメモリにデータをコピーし、自宅に持ち帰った。
5月になって学校で作業しようとしたところ、USBメモリを紛失していることに気付いたという。

データを持ち出すためには校長の許可が必要だったが、教諭は許可を取っていなかったという。

(2014.05.26)

つぶやく

一覧へ戻る


PAGE TOP