事故情報のまとめ

ISENのつぶやき

TOP > 情報セキュリティ事故ニュース > 公立大学 学生5万1千人分の個人情報が外部からアクセス可能な状態に

漏洩・紛失・不正行為…情報セキュリティ事故

前月の事故件数
7
件
  • 学校種別で検索する
  • 都道府県で検索する
  • 年度で検索する
  • 漏えい人数件数で検索する
  • 漏えい媒体で検索する
  • 事故の種類で検索する

漏えい媒体

  • 2015.01.19

    【東京都】 設定ミス

    公立大学 学生5万1千人分の個人情報が外部からアクセス可能な状態に

2015年1月19日、東京都の公立大学で、学生およそ5万1千人分の個人情報が
外部からアクセス可能な状態になっていたことがわかった。
これまでに外部から1,000回あまりのアクセスあったことがわかっている。

大学に設置されているネットワーク接続ストレージに入った情報が、
外部から閲覧できるようになっているという情報提供があったことにより、事故が発覚。
昨年8月にサーバーを交換したときから、外部アクセスが可能な状態になっていたという。

サーバーには延べ5万1千人あまりのデータが保存されており、学生の氏名や住所、
TOEICスコア、修得単位数などの成績情報が含まれていたという。

(2015.01.19)

つぶやく

一覧へ戻る


PAGE TOP