事故情報のまとめ

ISENのつぶやき

TOP > 情報セキュリティ事故ニュース > 私立中学校 生徒1,517人分の個人情報入りUSBメモリ盗難

漏洩・紛失・不正行為…情報セキュリティ事故

前月の事故件数
7
件
  • 学校種別で検索する
  • 都道府県で検索する
  • 年度で検索する
  • 漏えい人数件数で検索する
  • 漏えい媒体で検索する
  • 事故の種類で検索する

漏えい媒体

  • 2015.07.31

    【福岡県】 盗難

    私立中学校 生徒1,517人分の個人情報入りUSBメモリ盗難

2015年7月31日、福岡県の私立中学校に勤務する教諭が、
生徒1,517人分の個人情報を記録したUSBメモリを盗まれていたことがわかった。

教諭は帰宅途中、立ち寄った市内のスーパーで車上荒らしに遭い、
業務で使用していたUSBメモリや書類を入れたバッグが盗まれた。

USBメモリは教諭の私物で、在校生や卒業生の氏名やテストの点数、成績などが記録されていた。
書類には、在校生の氏名、生年月日、住所のほか、保護者の氏名や連絡先などが記載されていたという。

同校では個人情報を持ち出す際はUSBメモリにパスワードの設定をするよう定めていたが、
教諭はそれを怠っていた。盗まれたものは、後日発見されたという。

(2015.07.31)

つぶやく

一覧へ戻る


PAGE TOP