事故情報のまとめ

ISENのつぶやき

TOP > 情報セキュリティ事故ニュース > 県立特別支援学校 児童の個人情報入りUSBメモリを紛失

漏洩・紛失・不正行為…情報セキュリティ事故

前月の事故件数
23
件
  • 学校種別で検索する
  • 都道府県で検索する
  • 年度で検索する
  • 漏えい人数件数で検索する
  • 漏えい媒体で検索する
  • 事故の種類で検索する

漏えい媒体

  • 2017.02.08

    【三重県】 紛失・置き忘れ

    県立特別支援学校 児童の個人情報入りUSBメモリを紛失

2017年2月8日、三重県の県立特別支援学校の教諭が、
生徒の個人情報を記録したUSBメモリを紛失していたことがわかった。

USBメモリには、児童3人の氏名、生年月日、学習の様子、指導内容のほか、
児童10人と教員13人の写真が記録されていた。

教諭は職員室のパソコンでUSBメモリを使用した。
帰宅後にUSBメモリがないことに気付いたという。

USBメモリは暗号化やパスワードの設定がされておらず、
教諭は持ち出す際に校長の許可を取っていなかったという。

(2017.02.08)

つぶやく

一覧へ戻る


PAGE TOP