事故情報のまとめ

ISENのつぶやき

TOP > 情報セキュリティ事故ニュース > 市立小学校、児童56人分の個人情報が入ったUSBメモリを紛失

漏洩・紛失・不正行為…情報セキュリティ事故

前月の事故件数
14
件
  • 学校種別で検索する
  • 都道府県で検索する
  • 年度で検索する
  • 漏えい人数件数で検索する
  • 漏えい媒体で検索する
  • 事故の種類で検索する

漏えい媒体

  • 2018.08.29

    【静岡県】 紛失・置き忘れ

    市立小学校、児童56人分の個人情報が入ったUSBメモリを紛失

2018年8月29日、静岡県の市立小学校で
児童56人分の個人情報が入ったUSBメモリを紛失していたことが分かった。

USBメモリは同校の教員の私物で、
教員が担任しているクラスの児童28人分のテストの点数や、
2016年度に受け持っていた児童28人分の宿題提出状況など、
合計56人分の個人情報が保存されていた。

教員は、これらの個人情報が書かれた用紙を持ち帰り、
データ化してUSBメモリに保存していた。

その後、当該USBメモリを持って私的な旅行に出掛け、
帰宅した際に紛失に気が付いたという。

同校では、校長の許可を得ずに個人情報を持ち出すこと、
私物のUSBメモリを使用することなどを禁止していた。

(2018.08.29)

つぶやく

一覧へ戻る


PAGE TOP