事故情報のまとめ

ISENのつぶやき

TOP > 情報セキュリティ事故ニュース > 私立中学校・高等学校、生徒の個人情報が入ったノートパソコンとUSBメモリを紛失

漏洩・紛失・不正行為…情報セキュリティ事故

前月の事故件数
14
件
  • 学校種別で検索する
  • 都道府県で検索する
  • 年度で検索する
  • 漏えい人数件数で検索する
  • 漏えい媒体で検索する
  • 事故の種類で検索する

漏えい媒体

  • 2018.09.07

    【京都府】 紛失・置き忘れ

    私立中学校・高等学校、生徒の個人情報が入ったノートパソコンとUSBメモリを紛失

2018年9月7日、京都府の私立中学校・高等学校の教諭が、
生徒の個人情報を保存したノートパソコンとUSBメモリを
紛失していたことが分かった。

紛失した個人情報は、中学3年生163人分の名前や電話番号、
同校の中学2年生と高校1年生259人分の成績データ。

語学研修で訪れていたオーストラリアのブリスベンで、
引率を務めた教員が、ノートパソコンとUSBメモリの入ったカバンを
電車内に置き忘れ、紛失したという。
当該USBメモリには、パスワードなどは設定されていなかった。

紛失した個人情報の中で、持ち出しの許可を得ていたのは、
海外研修に関わる中学3年生163人の個人情報のみだったという。

(2018.09.07)

つぶやく

一覧へ戻る


PAGE TOP