事故情報のまとめ

ISENのつぶやき

TOP > 情報セキュリティ事故ニュース > 県立高等学校、生徒781人分の個人情報が入ったUSBメモリを紛失

漏洩・紛失・不正行為…情報セキュリティ事故

前月の事故件数
14
件
  • 学校種別で検索する
  • 都道府県で検索する
  • 年度で検索する
  • 漏えい人数件数で検索する
  • 漏えい媒体で検索する
  • 事故の種類で検索する

漏えい媒体

  • 2018.10.15

    【兵庫県】 紛失・置き忘れ

    県立高等学校、生徒781人分の個人情報が入ったUSBメモリを紛失

2018年10月15日、兵庫県の県立高等学校の教諭が、
生徒781人分の個人情報が入ったUSBメモリを
紛失していたことが分かった。

教諭の私物だったUSBメモリには、
同校の1年生280人と3年生21人の合計301人に加え、
教諭が以前勤務していた県立高等学校の卒業生480人の
定期テストの点数と成績、名前が保存されていた。

教諭は、成績処理のため
管理職に許可を得ずにUSBメモリを持ち帰ろうとしたが、
その後の記憶が曖昧になっていたという。

教諭は、USBメモリを使用した3日後に、
紛失していたことに気が付いたという。

(2018.10.15)

つぶやく

一覧へ戻る


PAGE TOP