事故情報のまとめ

ISENのつぶやき

TOP > 情報セキュリティ事故ニュース > 国立大学、不正アクセスにより11,322人の個人情報が漏えい

漏洩・紛失・不正行為…情報セキュリティ事故

前月の事故件数
7
件
  • 学校種別で検索する
  • 都道府県で検索する
  • 年度で検索する
  • 漏えい人数件数で検索する
  • 漏えい媒体で検索する
  • 事故の種類で検索する

漏えい媒体

  • 2018.12.17

    【兵庫県】 不正アクセス

    国立大学、不正アクセスにより11,322人の個人情報が漏えい

2018年12月17日、兵庫県の国立大学で
同大学の事務職員のフリーメールが不正アクセスの被害に遭い、
学内外11,322人の個人情報を漏えいしていたことが分かった。

漏えいしたのは、2016年4月1日から2018年10月26日までに
やり取りされたフリーメールに含まれていた個人情報で、
障害や病歴などが記述された要配慮個人情報11人分、
パスポートの写しや金融機関関連情報など機密性の高い個人情報23人分、
過去の在学者の個人情報106人分、
上記以外の個人情報11,182人分。

同大学内で市民講座などを担当していた当該事務職員は、
業務用メールを学外でも確認できるように、
2016年4月1日から自身のフリーメールに自動転送していた。

2018年10月26日に、フリーメール上に不正アクセスの警告が表示され、
第三者に閲覧されていたことに気が付いたという。

同大学が当該職員のフリーメールのログイン履歴を調べたところ、
2018年5月から、日本や中国、台湾から25回以上の
不正アクセスが確認されたという。

(2018.12.17)

つぶやく

一覧へ戻る


PAGE TOP