事故情報のまとめ

ISENのつぶやき

TOP > 情報セキュリティ事故ニュース > 府立高等学校、生徒の個人情報を記載した書類を紛失

漏洩・紛失・不正行為…情報セキュリティ事故

前月の事故件数
18
件
  • 学校種別で検索する
  • 都道府県で検索する
  • 年度で検索する
  • 漏えい人数件数で検索する
  • 漏えい媒体で検索する
  • 事故の種類で検索する

漏えい媒体

  • 2018.12.20

    【大阪府】 紛失・置き忘れ

    府立高等学校、生徒の個人情報を記載した書類を紛失

2018年12月20日、大阪府の府立高等学校の教員が、
生徒の個人情報が書かれた書類を紛失していたことがわかった。

紛失したのは、サッカー部の登録選手一覧表と
スコアブック、メンバー提出用紙。

一覧表には、サッカー部員16名の氏名、生年月日、
顔写真、学年、性別、国籍、選手登録番号など、
スコアブックには、サッカー部員16名の姓が記載されていた。
提出用紙には、他校3校のサッカー部員53人の氏名と
顧問の氏名が記載されていた。

サッカー部の顧問を務めていた教員が、
翌日の試合のために当該書類をかばんに入れて帰宅した際、
直帰せずに飲食店に立ち寄ったという。

飲食店を出てから約30分後に、
かばんを置き忘れていることに気が付いたが、
飲食店に戻ったときには、すでにかばんがなくなっていた。

同校では、個人情報が記載された書類を持ち出す際は、
管理職に許可を得る必要があったが、
当該の教員は許可を得ていなかった。

持ち出した書類のうち、登録選手一覧表と
メンバー提出用紙は持ち出す必要がなかったという。

(2018.12.20)

つぶやく

一覧へ戻る


PAGE TOP