事故情報のまとめ

ISENのつぶやき

TOP > 情報セキュリティ事故ニュース > 私立大学、学生の個人情報を保存したUSBメモリを紛失

漏洩・紛失・不正行為…情報セキュリティ事故

前月の事故件数
11
件
  • 学校種別で検索する
  • 都道府県で検索する
  • 年度で検索する
  • 漏えい人数件数で検索する
  • 漏えい媒体で検索する
  • 事故の種類で検索する

漏えい媒体

  • 2018.12.18

    【北海道】 紛失・置き忘れ

    私立大学、学生の個人情報を保存したUSBメモリを紛失

2018年12月18日、北海道の私立大学の非常勤講師が、
学生の個人情報を保存したUSBメモリを
紛失していたことがわかった。

USBメモリには、非常勤講師が担当していた
2016年度開講の「論述・作文」の受講学生34名の学籍番号、氏名、提出課題、
2017年度、2018年度開講の「論述・作文」の受講学生176名の
学籍番号、氏名、提出課題、出席状況、成績が保存されていた。

そのうち、出席状況と成績のデータは
パスワードを設定して暗号化されていたという。

当該講師は、非常勤講師室でUSBメモリを使用した後、
私用のため公共交通機関を利用し東京へ向かった。

帰宅後、授業準備のため非常勤講師室に行った際に、
USBメモリを紛失していることに気が付いたという。

(2018.12.18)

つぶやく

一覧へ戻る


PAGE TOP