事故情報のまとめ

ISENのつぶやき

TOP > 情報セキュリティ事故ニュース > 市立小学校、学校代表メールアカウントへの不正アクセスにより、迷惑メール送信の踏み台に

漏洩・紛失・不正行為…情報セキュリティ事故

前月の事故件数
17
件
  • 学校種別で検索する
  • 都道府県で検索する
  • 年度で検索する
  • 漏えい人数件数で検索する
  • 漏えい媒体で検索する
  • 事故の種類で検索する

漏えい媒体

  • 2019.01.23

    【茨城県】 不正アクセス

    市立小学校、学校代表メールアカウントへの不正アクセスにより、迷惑メール送信の踏み台に

2019年1月23日、茨城県の市立小学校で、
学校代表メールアカウントが不正アクセスを受け、
迷惑メールが送信されるなどの被害に遭っていたことがわかった。

この不正アクセスにより、10日間で
約1,500件の迷惑メールが送信されていた。

その際、不正アクセスを行った第三者が、
アドレス帳に登録されたメールアドレス94件や、
過去に送受信したメール2,431件を閲覧できる状態だったという。

小学校のパソコンでメールを確認していた教諭が、
配信に失敗して返送されたメールが複数あることに気が付き、
今回の不正アクセスが発覚したという。

(2019.01.23)

つぶやく

一覧へ戻る


PAGE TOP