事故情報のまとめ

ISENのつぶやき

TOP > 情報セキュリティ事故ニュース > 小学校、児童の個人情報が入った私物のUSBメモリ2つを紛失

漏洩・紛失・不正行為…情報セキュリティ事故

前月の事故件数
11
件
  • 学校種別で検索する
  • 都道府県で検索する
  • 年度で検索する
  • 漏えい人数件数で検索する
  • 漏えい媒体で検索する
  • 事故の種類で検索する

漏えい媒体

  • 2019.02.19

    【岩手県】 紛失・置き忘れ

    小学校、児童の個人情報が入った私物のUSBメモリ2つを紛失

2019年2月19日、岩手県の小学校の教諭が、
児童の個人情報が入った私物のUSBメモリ2つを
紛失していたことがわかった。

紛失したUSBメモリ2つには、
児童57人分の通知表に加え、学芸会や修学旅行の写真、
職員会議の資料などのデータが保存されていた。

教諭は自宅で資料をまとめるため、
ポーチに当該のUSBメモリを入れて持ち帰った。

翌日、医療機関を受診した後、学校へ出勤した際に、
ポーチがなくなっていることに気が付いたという。

同校では、個人情報を含むデータを持ち出す際に、
校長の許可が必要だったが、当該の教員は
無断で個人情報を持ち出していたという。

(2019.02.19)

つぶやく

一覧へ戻る


PAGE TOP