事故情報のまとめ

ISENのつぶやき

TOP > 情報セキュリティ事故ニュース > 市立小学校、児童の個人情報が入ったUSBメモリを紛失

漏洩・紛失・不正行為…情報セキュリティ事故

前月の事故件数
18
件
  • 学校種別で検索する
  • 都道府県で検索する
  • 年度で検索する
  • 漏えい人数件数で検索する
  • 漏えい媒体で検索する
  • 事故の種類で検索する

漏えい媒体

  • 2019.02.16

    【北海道】 紛失・置き忘れ

    市立小学校、児童の個人情報が入ったUSBメモリを紛失

2019年2月16日、北海道の市立小学校の教諭が、
児童の個人情報が入ったUSBメモリを
紛失していたことがわかった。

紛失したUSBメモリには、教諭が担任する学級の
児童22人分の通知表データや写真が保存されていた。

教諭は児童の成績処理を自宅で行うため、
校務用のUSBメモリをかばんに入れて退勤した。

帰宅途中に立ち寄ったスーパーにかばんを置き忘れ、
当該USBメモリを紛失したという。

同校では、管理職の承認があれば、
個人情報を校外に持ち出すことを認めており、
当該の教諭も承認を得て、USBメモリを持ち出していた。

紛失したUSBメモリには、パスワードが設定されていたという。

(2019.02.16)

つぶやく

一覧へ戻る


PAGE TOP