事故情報のまとめ

ISENのつぶやき

TOP > 情報セキュリティ事故ニュース > 県立高等学校、選抜試験の得点票を別の受験生に誤配付

漏洩・紛失・不正行為…情報セキュリティ事故

前月の事故件数
7
件
  • 学校種別で検索する
  • 都道府県で検索する
  • 年度で検索する
  • 漏えい人数件数で検索する
  • 漏えい媒体で検索する
  • 事故の種類で検索する

漏えい媒体

  • 2019.02.14

    【佐賀県】

    県立高等学校、選抜試験の得点票を別の受験生に誤配付

2019年2月14日、佐賀県の県立高等学校で、
選抜試験の得点票を別の受験生に
誤配付していたことがわかった。

得点票には、教科別の得点、受験番号、
中学校名、受験生の氏名が記載されていた。

同校では、希望した受験生のみ、
自分の結果が記載された得点票を
選抜試験の合格発表後に受け取ることができるという。

得点票は班ごとに封筒にまとめられており、
同校の職員が2人1組で開示作業を行っていた。

職員は、得点票を受け取りに来た受験生が
申請した本人であることを写真などで確認していたが、
誤って似ていた受験番号の得点票を封筒から抜き出し、
配布していたという。

本来、当該の得点票を受け取るはずだった受験生が
申請をしたことで、誤配付が発覚した。

誤って配付された得点票は、
受験生の中学校を通じて回収されたという。

(2019.02.14)

つぶやく

一覧へ戻る


PAGE TOP