事故情報のまとめ

ISENのつぶやき

TOP > 情報セキュリティ事故ニュース > 府立高等専門学校、受験生6人の入校願書などを誤廃棄

漏洩・紛失・不正行為…情報セキュリティ事故

前月の事故件数
18
件
  • 学校種別で検索する
  • 都道府県で検索する
  • 年度で検索する
  • 漏えい人数件数で検索する
  • 漏えい媒体で検索する
  • 事故の種類で検索する

漏えい媒体

  • 2019.03.29

    【大阪府】

    府立高等専門学校、受験生6人の入校願書などを誤廃棄

2019年3月29日、大阪府の府立専門高等学校の指導員が、
受験生6人の入校願書などを誤廃棄していたことが分かった。

誤廃棄したのは受験生6人の入校願書と、
就労準備確認シート、主治医の意見書の3点。

入校願書には、受験生の写真や氏名、性別、年齢、
生年月日、住所、電話番号などが記載されていた。

保存期間が5年の入校願書などはクリアファイルに入れ、
職員室内の施錠式の書棚に保管していたという。

3月に閉校した同校は、別の学校への移転作業を行っており、
担当課指導員が書棚の廃棄対象文書を裁断処分した際に、
誤って当該の入校願書も一緒に処分していたという。

処分をした4日後に、担当課指導員が書棚を確認した際、
当該の入校願書がないことに気が付き、
処分する文書の年度を確認していなかったことが判明した。

書棚には、平成25年度~30年度の入校願書が保管されていたという。

(2019.03.29)

つぶやく

一覧へ戻る


PAGE TOP