事故情報のまとめ

ISENのつぶやき

TOP > 情報セキュリティ事故ニュース > 私立高等学校、車上荒らしに遭い生徒の個人情報を記載した資料39人分が盗まれる

漏洩・紛失・不正行為…情報セキュリティ事故

前月の事故件数
19
件
  • 学校種別で検索する
  • 都道府県で検索する
  • 年度で検索する
  • 漏えい人数件数で検索する
  • 漏えい媒体で検索する
  • 事故の種類で検索する

漏えい媒体

  • 2019.03.09

    【大分県】 盗難

    私立高等学校、車上荒らしに遭い生徒の個人情報を記載した資料39人分が盗まれる

2019年3月9日、大分県の私立高等学校で、
教諭が車上荒らしに遭い、生徒の個人情報を記載した
資料「環境カード」39人分が盗まれていたことがわかった。

カードには、氏名や生年月日、住所、家族構成、電話番号の他、
顔写真や自宅付近の地図などが記載されていた。

教諭は、バッグにカードの束を入れ、自分の乗用車で帰宅後、
車内にバッグを放置したままにしていたという。

その翌日の朝、学校に向かおうとした際に、
乗用車の助手席側の窓ガラスが割られていることに気が付き、
カードを入れていたバッグが盗まれていることが発覚した。

担任の教諭は、生徒が課外実習のため登校しないことから、
緊急連絡用にカードを持ち帰ったというが、
同校では、個人情報を校外に持ち出すことを禁止していた。

(2019.03.09)

つぶやく

一覧へ戻る


PAGE TOP