事故情報のまとめ

ISENのつぶやき

TOP > 情報セキュリティ事故ニュース > 市立小学校、児童の緊急連絡先などを記載した書類を紛失

漏洩・紛失・不正行為…情報セキュリティ事故

前月の事故件数
11
件
  • 学校種別で検索する
  • 都道府県で検索する
  • 年度で検索する
  • 漏えい人数件数で検索する
  • 漏えい媒体で検索する
  • 事故の種類で検索する

漏えい媒体

  • 2019.05.15

    【大阪府】 紛失・置き忘れ

    市立小学校、児童の緊急連絡先などを記載した書類を紛失

2019年5月15日、大阪府の市立小学校の教諭が、
児童の緊急連絡先などを記載した書類を紛失していたことがわかった。

紛失したのは、最大29人の児童の
大規模地震発生時における引き渡しの個票と、
風水害等での集団下校時緊急連絡先。

個票には、児童の名前、学年、組、保護者名、町会名、
きょうだい関係の名前、学年、組、大規模地震発生時に
引き渡す方の名前、続柄、連絡先が記載されていた。

緊急連絡先には、児童の名前、学年、組、番号、
風水害等で自宅以外に帰る場合の下校先の住所、名前、続柄、連絡先、
児童を引き渡す方の名前、続柄、連絡先が記載されていた。

当該書類は、今年度4月に児童から回収された。
5月に入り、教諭が整理しようとしたところ当該書類がなく、
紛失していることが判明したという。

同校では、個人情報を含む書類を
職員室内の施錠式ロッカーで保管することになっていたが、
教諭は当該書類を順次回収中だったため手元に置いていたという。

(2019.05.15)

つぶやく

一覧へ戻る


PAGE TOP