事故情報のまとめ

ISENのつぶやき

TOP > 情報セキュリティ事故ニュース > 市立小学校、生徒1名の災害共済給付制度に関わる書類3点を誤配付

漏洩・紛失・不正行為…情報セキュリティ事故

前月の事故件数
17
件
  • 学校種別で検索する
  • 都道府県で検索する
  • 年度で検索する
  • 漏えい人数件数で検索する
  • 漏えい媒体で検索する
  • 事故の種類で検索する

漏えい媒体

  • 2019.05.31

    【神奈川県】

    市立小学校、生徒1名の災害共済給付制度に関わる書類3点を誤配付

2019年5月31日、神奈川県の市立小学校の養護教諭が、
生徒1名の災害共済給付制度に関わる書類3点を
誤配付していたことがわかった。

当該書類3点のうち、
医療等の状況に関する書類には児童の氏名、生年月日、疾病名が、
調剤報酬明細書には児童の氏名、生年月日、処方された薬名が、
振込依頼書には保護者の氏名、住所、電話番号、
金融機関口座番号が記載されていた。

すでに預かっていた他の児童の書類が入った封筒を、
養護教諭が誤って保護者に配付してしまったという。

誤配付を受けた保護者から連絡があり、誤配付が判明した。
養護教諭は、誤配付した書類の入った封筒を回収したという。

(2019.05.31)

つぶやく

一覧へ戻る


PAGE TOP