事故情報のまとめ

ISENのつぶやき

TOP > 情報セキュリティ事故ニュース > 県立高等学校、全校生徒の個人情報を保存した私物USBのメモリを盗まれる

漏洩・紛失・不正行為…情報セキュリティ事故

前月の事故件数
11
件
  • 学校種別で検索する
  • 都道府県で検索する
  • 年度で検索する
  • 漏えい人数件数で検索する
  • 漏えい媒体で検索する
  • 事故の種類で検索する

漏えい媒体

  • 2019.05.09

    【茨城県】 盗難

    県立高等学校、全校生徒の個人情報を保存した私物USBのメモリを盗まれる

2019年5月9日、茨城県の県立高等学校の教諭が、
全校生徒の個人情報を保存した私物のUSBメモリを
盗まれていたことがわかった。

当該USBメモリには、全校生徒832人の氏名や
住所、電話番号、保護者の氏名が保存されていた。

教諭は、生徒の名簿作成の作業が終わらず、
当該USBメモリにデータを保存し、自宅に持ち帰った。

それから2日後の就寝中に、何者かが自宅に侵入する被害に遭い、
当該USBメモリや財布などを入れていたかばんを盗まれたという。

同校では、業務での私物のUSBメモリの使用や、
データの持ち帰りを禁止していた。

(2019.05.09)

つぶやく

一覧へ戻る


PAGE TOP