事故情報のまとめ

ISENのつぶやき

TOP > 情報セキュリティ事故ニュース > 県立高等学校、指導要録の写しと通知表の写し、調査書の原稿を紛失

漏洩・紛失・不正行為…情報セキュリティ事故

前月の事故件数
11
件
  • 学校種別で検索する
  • 都道府県で検索する
  • 年度で検索する
  • 漏えい人数件数で検索する
  • 漏えい媒体で検索する
  • 事故の種類で検索する

漏えい媒体

  • 2019.06.13

    【神奈川県】 紛失・置き忘れ

    県立高等学校、指導要録の写しと通知表の写し、調査書の原稿を紛失

2019年6月13日、神奈川県の県立高等学校で、
指導要録の写しと通知表の写し、調査書の原稿を
紛失していたことがわかった。

紛失したのは、生徒128人分の指導要録の写しと、
生徒33人分の通知表の写し、生徒59人分の調査書の原稿。

指導要録の写しには、生徒氏名と修得単位数の他、
学校名や評定、出欠など指導に関する記録が記載されていた。

通知表の写しには、生徒氏名と評定、修得単位数、
出欠の記録が記載されていた。

調査書の原稿には、指導要録の写しの内容に加えて、
生徒の性別、生年月日、現住所などが記載されていた。

当該書類は、施錠式のロッカーに保管していたが、
紛失が発覚したときには、鍵をかけていなかったという。

生徒の転学に必要な書類を作成するため、ロッカーを確認した教員が
当該書類がなくなっていることに気付き、紛失が発覚したという。

(2019.06.13)

つぶやく

一覧へ戻る


PAGE TOP