事故情報のまとめ

ISENのつぶやき

TOP > 情報セキュリティ事故ニュース > 中学校、生徒140人の個人情報を保存したUSBメモリと私物のメモ帳を紛失

漏洩・紛失・不正行為…情報セキュリティ事故

前月の事故件数
11
件
  • 学校種別で検索する
  • 都道府県で検索する
  • 年度で検索する
  • 漏えい人数件数で検索する
  • 漏えい媒体で検索する
  • 事故の種類で検索する

漏えい媒体

  • 2019.08.13

    【福島県】 紛失・置き忘れ

    中学校、生徒140人の個人情報を保存したUSBメモリと私物のメモ帳を紛失

2019年8月13日、福島県の中学校の教諭が、
生徒140人の個人情報を保存したUSBメモリと、
私物のメモ帳を紛失していたことがわかった。

USBメモリには、生徒140人の名前や生年月日、
保護者の名前、勤務先などの個人情報が保存されており、
メモ帳には、生徒指導の内容が記載されていた。

教諭は、私用で訪れた温泉施設の駐車場で
車のドアを開けた際に、当該USBメモリとメモ帳を入れた
リュックサックを落としたが、気付かずに帰宅したという。

それから4日間、リュックサックの所在は不明だったが、
温泉施設の従業員が見つけて保管しており、
中身を確認した際に、学校に連絡したという。

同校では、個人情報の持ち出しを禁止していたという。

(2019.08.13)

つぶやく

一覧へ戻る


PAGE TOP