事故情報のまとめ

ISENのつぶやき

TOP > 情報セキュリティ事故ニュース > 子育て支援課、徴収免除情報を含む児童1,466人の一覧表を誤送信

漏洩・紛失・不正行為…情報セキュリティ事故

前月の事故件数
11
件
  • 学校種別で検索する
  • 都道府県で検索する
  • 年度で検索する
  • 漏えい人数件数で検索する
  • 漏えい媒体で検索する
  • 事故の種類で検索する

漏えい媒体

  • 2019.09.10

    【大分県】 誤操作・誤送信

    子育て支援課、徴収免除情報を含む児童1,466人の一覧表を誤送信

2019年9月10日、大分県内の市の子育て支援課で、
低所得世帯などの徴収免除情報を含む、
児童1,466人の一覧表を誤送信していたことがわかった。

一覧表には、保育所やこども園に入所している
3歳以上の児童1,466人と保護者の氏名が記載されていた他、
幼児教育と保育の無償化に伴って、給食のおかず代にあたる
副食費が免除される低所得世帯の情報も含まれていた。

本来であれば、対象の児童の情報のみを
児童が入所している園に対して送信するはずだったが、
誤って他の園に入所している児童の情報が含まれた
一覧表のデータを送信したという。

データは市内31か所の保育所やこども園に送信されており、
受け取った園が指摘したことで、誤送信が発覚した。

子育て支援課は、各施設に誤送信したデータの削除を依頼したという。

(2019.09.10)

つぶやく

一覧へ戻る


PAGE TOP