事故情報のまとめ

ISENのつぶやき

TOP > 情報セキュリティ事故ニュース > 府立支援学校、生徒を含む延べ310人の個人情報を記載した名簿などを紛失

漏洩・紛失・不正行為…情報セキュリティ事故

前月の事故件数
11
件
  • 学校種別で検索する
  • 都道府県で検索する
  • 年度で検索する
  • 漏えい人数件数で検索する
  • 漏えい媒体で検索する
  • 事故の種類で検索する

漏えい媒体

  • 2019.09.27

    【大阪府】 紛失・置き忘れ

    府立支援学校、生徒を含む延べ310人の個人情報を記載した名簿などを紛失

2019年9月27日、大阪府の府立支援学校の教諭が、
生徒を含む延べ310人の個人情報を記載した名簿などを
紛失していたことがわかった。

紛失したのはクリアファイルに入った名簿と緊急連絡簿。

名簿には、転退学者2人を含む生徒20人の名前や
生年月日、学校名、学部、学年、組、保護者名、住所、
自宅連絡先に加えて、うち3人分の携帯電話番号が記載されていた。

さらに、教諭が担任した生徒7人の名前のイニシャルや
自宅電話番号、携帯電話番号も記載されていた。

緊急連絡簿には、2016年度と2018年度の職員
延べ228人の名前と携帯電話番号、2019年度の職員55人の
名前と自宅電話番号、携帯電話番号が記載されていた。

すでに退勤した教諭宛に保護者から問い合わせがあり、
学校が当該教諭にその旨を連絡した。

当該教諭は保護者に連絡を取るために公衆電話を利用した。
その際に、クリアファイルに入っていた名簿と
緊急連絡簿を使用したが、置き忘れていたという。

近隣住民が公衆電話に置いてあったファイルに気付き、
生徒の個人情報が含まれていたため、学校のポストに入れた。
校長が中身を確認し、当該教諭に聞き取りをしたところ、
紛失が発覚したという。

同校では、個人情報の持ち出しを禁止していたが、
当該教諭は緊急時用に複写して持ち帰っていた。

(2019.09.27)

つぶやく

一覧へ戻る


PAGE TOP