事故情報のまとめ

ISENのつぶやき

TOP > 情報セキュリティ事故ニュース > 市立小学校、児童の名前を含むいじめに関するアンケートを誤配付

漏洩・紛失・不正行為…情報セキュリティ事故

前月の事故件数
11
件
  • 学校種別で検索する
  • 都道府県で検索する
  • 年度で検索する
  • 漏えい人数件数で検索する
  • 漏えい媒体で検索する
  • 事故の種類で検索する

漏えい媒体

  • 2019.10.03

    【熊本県】

    市立小学校、児童の名前を含むいじめに関するアンケートを誤配付

2019年10月3日、熊本県の市立小学校で、
児童の名前を含むいじめに関するアンケートを
誤配付していたことがわかった。

アンケートには、いじめがあったと回答した
1~6年生の複数児童の名前や、いじめの被害を
名指しで記述した回答などがまとめられていた。

2年生の担任の教諭が図工の授業をした際、
再利用ボックスの用紙を材料として配付したところ、
当該アンケート1枚が混入していたという。

図工の作品を持ち帰った児童の保護者から
学校に連絡があり、誤配付していたことが判明した。

アンケートは児童のストレスなどの把握を目的に、
熊本地震後から定期的に実施されていたもので、
養護教諭が作成し、校長、教頭、生徒指導担当者にコピーを渡していた。

当該アンケートが再利用ボックスに混入した経緯は不明だという。

(2019.10.03)

つぶやく

一覧へ戻る


PAGE TOP