事故情報のまとめ

ISENのつぶやき

TOP > 情報セキュリティ事故ニュース > 中学校2校、生徒の成績などを保存したUSBメモリを紛失

漏洩・紛失・不正行為…情報セキュリティ事故

前月の事故件数
23
件
  • 学校種別で検索する
  • 都道府県で検索する
  • 年度で検索する
  • 漏えい人数件数で検索する
  • 漏えい媒体で検索する
  • 事故の種類で検索する

漏えい媒体

  • 2019.11.11

    【奈良県】 紛失・置き忘れ

    中学校2校、生徒の成績などを保存したUSBメモリを紛失

2019年11月11日、奈良県の中学校2校に勤務する非常勤講師が、
生徒の成績などを保存したUSBメモリを
紛失していたことがわかった。

USBメモリに保存されていたのは、当該講師が勤務する
私立中学校と市立中学校分教室の生徒の個人情報。

私立中学校の個人情報には、
1年生178人と3年生155人の氏名と技術科の成績、
3年生313人の氏名などが含まれていた。

市立中学校分教室の個人情報には、
生徒14人の氏名と技術科の成績が含まれていた。

当該講師は、分教室のパソコンで作業した後、
USBメモリを紛失したという。

2校では、校内での個人のUSBメモリの使用や、
個人情報の持ち出しなどを原則禁止していたが、
当該講師は規則を守っていなかった。

(2019.11.11)

つぶやく

一覧へ戻る


PAGE TOP