事故情報のまとめ

ISENのつぶやき

TOP > 情報セキュリティ事故ニュース > 公立大学、教員のパソコンがウイルスに感染し、一部のメールアドレスが流出

漏洩・紛失・不正行為…情報セキュリティ事故

前月の事故件数
11
件
  • 学校種別で検索する
  • 都道府県で検索する
  • 年度で検索する
  • 漏えい人数件数で検索する
  • 漏えい媒体で検索する
  • 事故の種類で検索する

漏えい媒体

  • 2019.11.01

    【東京都】 ワーム・ウイルス感染

    公立大学、教員のパソコンがウイルスに感染し、一部のメールアドレスが流出

2019年11月1日、東京都の公立大学で、
教員のパソコンがウイルスに感染し、
一部のメールアドレスが流出していたことがわかった。

流出したのは、当該教員とメールの送受信を交わした
一部のメールアドレスで、件数は判明していない。

当該教員が、実在する海外の雑誌社を装った
英文のメールの添付ファイルを開封したところ、
同法人内の教職員にも英文のメールが届いた。

一週間後に、当該教員のパソコンが
ウイルスに感染していたことが判明したという。

当該教員のパソコンには、1万8,843件のメールが保存されており、
添付ファイルなどの外部流出についても調査が進められている。

(2019.11.01)

つぶやく

一覧へ戻る


PAGE TOP