事故情報のまとめ

ISENのつぶやき

TOP > 情報セキュリティ事故ニュース > 国立大学、学生の個人情報を含むUSBメモリを出張中に紛失

漏洩・紛失・不正行為…情報セキュリティ事故

前月の事故件数
23
件
  • 学校種別で検索する
  • 都道府県で検索する
  • 年度で検索する
  • 漏えい人数件数で検索する
  • 漏えい媒体で検索する
  • 事故の種類で検索する

漏えい媒体

  • 2019.11.29

    【石川県】 紛失・置き忘れ

    国立大学、学生の個人情報を含むUSBメモリを出張中に紛失

2019年11月29日、石川県の国立大学の教員が、
学生の個人情報を含むUSBメモリを
出張中に紛失していたことがわかった。

USBメモリには、当該教員が担当する授業の受講学生
43人の氏名、国籍、学年、学籍番号、所属コースなどと、
当該教員が指導する学生1名の氏名、所属研究科、
メールアドレスが保存されていた。

さらに、学外1名の氏名や現住所、勤務先などの情報に加え、
研究業績が保存されていた。研究業績には1名の氏名や勤務先などと、
もう1名の氏名や顔写真、本籍などの個人情報が含まれていた。

USBメモリには、パスワードを設定するなどの
セキュリティ対策はされていなかった。

当該教員は、出張先でも業務ができるよう、
USBメモリにファイルをコピーして持参していたが、
出張の翌日になくなっていることに気付いたという。

同大学では、個人情報を学外に持ち出す際に、
個人情報保護管理者に許可を得る必要があったが、
当該教員は許可を得ていなかった。

(2019.11.29)

つぶやく

一覧へ戻る


PAGE TOP