事故情報のまとめ

ISENのつぶやき

TOP > 情報セキュリティ事故ニュース > 府立高等学校、奨学金予約採用決定者の名簿を誤掲示

漏洩・紛失・不正行為…情報セキュリティ事故

前月の事故件数
11
件
  • 学校種別で検索する
  • 都道府県で検索する
  • 年度で検索する
  • 漏えい人数件数で検索する
  • 漏えい媒体で検索する
  • 事故の種類で検索する

漏えい媒体

  • 2019.12.26

    【大阪府】

    府立高等学校、奨学金予約採用決定者の名簿を誤掲示

2019年12月26日、大阪府の府立高等学校が、
日本学生支援機構の奨学金予約採用決定者の名簿を
誤掲示していたことがわかった。

名簿には、2019年に奨学金予約採用決定者となった
3年生148名の氏名と奨学金の種別、
入学時特別増額などが記載されていた。

名簿は、進路指導部の担当教員が作成したという。
当該の教員が3年生9クラスのボックスに作成した名簿を入れ、
7クラスの担任が各教室に名簿を掲示した。

担任のうち1人の教員が、
名簿に重要な個人情報が含まれていることに気付き、
他クラスの担任と相談して名簿を撤去したという。

さらに、同校では2016~2018年度にも、
各年度の奨学金予約採用決定者の生徒の氏名と説明会日時を
記載した一覧表を数日間、3年生の全クラスに掲示していたという。

同校は卒業生に対し、学校ホームページに謝罪文を掲出した。

(2019.12.26)

つぶやく

一覧へ戻る


PAGE TOP