事故情報のまとめ

ISENのつぶやき

TOP > 情報セキュリティ事故ニュース > 町立小学校、台風19号の被害を受け、卒業生697人の指導要録を紛失

漏洩・紛失・不正行為…情報セキュリティ事故

前月の事故件数
23
件
  • 学校種別で検索する
  • 都道府県で検索する
  • 年度で検索する
  • 漏えい人数件数で検索する
  • 漏えい媒体で検索する
  • 事故の種類で検索する

漏えい媒体

  • 2019.12.20

    【宮城県】 紛失・置き忘れ

    町立小学校、台風19号の被害を受け、卒業生697人の指導要録を紛失

2019年12月20日、
宮城県の町立小学校が台風19号の被害を受け、
卒業生697人の指導要録を紛失していたことがわかった。

指導要録には、卒業生の氏名や生年月日、
評価、出欠などが記録されていた。

2012年に町内の小学校4校を統廃合した際、
学校書類を1つの学校に搬入した。
書類は段ボールに入れ、施錠式の倉庫で保管していたという。

2016年に、それらの書類のうち一部を別の学校に移し、
保存期間が過ぎた書類は廃棄した。

2019年の台風19号で河川が決壊し、
倉庫に残っていた書類が流出したとみられている。

農地に漂着している指導要領を見つけた
災害ボランティアから連絡があり、判明した。

流出した書類には、教職員通勤手当届13人分も含まれていた。

(2019.12.20)

つぶやく

一覧へ戻る


PAGE TOP