事故情報のまとめ

ISENのつぶやき

TOP > 情報セキュリティ事故ニュース > 市立中学校、延べ1,239人の個人情報を保存した私物のUSBメモリを一時紛失

漏洩・紛失・不正行為…情報セキュリティ事故

前月の事故件数
7
件
  • 学校種別で検索する
  • 都道府県で検索する
  • 年度で検索する
  • 漏えい人数件数で検索する
  • 漏えい媒体で検索する
  • 事故の種類で検索する

漏えい媒体

  • 2020.01.22

    【千葉県】 紛失・置き忘れ

    市立中学校、延べ1,239人の個人情報を保存した私物のUSBメモリを一時紛失

2020年1月22日、千葉県の市立中学校の教諭が、
延べ1,239人の個人情報を保存した私物のUSBメモリを
一時紛失していたことがわかった。

USBメモリには、当該教諭が2010年から勤務してきた
中学校3校の生徒の名前、連絡先、成績、修学旅行の写真など、
延べ1,239人の個人情報が保存されていた。

当該教諭は教育センターに出張した際、
USBメモリを入れていたポーチを置き忘れた。
それに気付いた同センターの職員が、
教諭の勤務先の学校に連絡し、本件が発覚したという。

県教育委員会は、過去に別の教諭がUSBメモリを紛失したことを受け、
各市町村教育委員会に対し、私物USBメモリの校内持ち込み禁止と
過去データの消去を徹底するよう指示していた。

同校では、校長がUSBメモリの使用状況の確認をしていたが、
当該教諭は使用していないと回答した上、
過去のデータも消去していなかったという。

当該教諭は、減給10分の1(1か月)の懲戒処分となっている。

(2020.01.22)

つぶやく

一覧へ戻る


PAGE TOP