事故情報のまとめ

ISENのつぶやき

TOP > 情報セキュリティ事故ニュース > 国立大学付属高等学校、生徒の個人情報を保存したUSBメモリなどを紛失

漏洩・紛失・不正行為…情報セキュリティ事故

前月の事故件数
7
件
  • 学校種別で検索する
  • 都道府県で検索する
  • 年度で検索する
  • 漏えい人数件数で検索する
  • 漏えい媒体で検索する
  • 事故の種類で検索する

漏えい媒体

  • 2020.02.06

    【東京都】 紛失・置き忘れ

    国立大学付属高等学校、生徒の個人情報を保存したUSBメモリなどを紛失

2020年2月6日、東京都の国立大学付属高等学校の教諭が、
生徒の個人情報を保存したUSBメモリなどを
紛失していたことがわかった。

紛失したのは、生徒の個人情報を保存した
USBメモリとノートパソコン、デジタルカメラ。

それらには、在校生の名字と顔写真に加えて、
卒業生の氏名、住所、成績、在校生と卒業生の体力データなど
約4,000件の個人情報が保存されていた。

ノートパソコンには、パスワードを設定していたという。

電車に乗った教諭が寝ている間に、網棚に置いていた
USBメモリなどを入れたかばんがなくなっていた。

同校は、許可なく個人情報を学校外に持ち出すことを禁止しているという。

(2020.02.06)

つぶやく

一覧へ戻る


PAGE TOP