事故情報のまとめ

ISENのつぶやき

TOP > 情報セキュリティ事故ニュース > 市立中学校、生徒249人の個人情報を保存したUSBメモリを紛失

漏洩・紛失・不正行為…情報セキュリティ事故

前月の事故件数
15
件
  • 学校種別で検索する
  • 都道府県で検索する
  • 年度で検索する
  • 漏えい人数件数で検索する
  • 漏えい媒体で検索する
  • 事故の種類で検索する

漏えい媒体

  • 2020.02.21

    【福岡県】 紛失・置き忘れ

    市立中学校、生徒249人の個人情報を保存したUSBメモリを紛失

2020年2月21日、福岡県の市立中学校の教諭が、
生徒249人の個人情報を保存したUSBメモリを
紛失していたことがわかった。

USBメモリには1年生249人の氏名と、
そのうち125人の成績が保存されていた。

教諭は自宅で作業するため、USBメモリを持ち帰った。
翌日、学校に出勤した際にUSBメモリを忘れたことに気付き、
自宅に戻ったが、USBメモリは見当たらなかったという。

市教委は、USBメモリを長時間放置しないことや、
身に付けて携帯すること、鍵のかかる場所に保管することなどを
改めて周知するとしている。

(2020.02.21)

つぶやく

一覧へ戻る


PAGE TOP