事故情報のまとめ

ISENのつぶやき

TOP > 情報セキュリティ事故ニュース > 市立小学校、保護者1人宛のメールを保護者228人宛に誤送信

漏洩・紛失・不正行為…情報セキュリティ事故

前月の事故件数
19
件
  • 学校種別で検索する
  • 都道府県で検索する
  • 年度で検索する
  • 漏えい人数件数で検索する
  • 漏えい媒体で検索する
  • 事故の種類で検索する

漏えい媒体

  • 2020.04.22

    【兵庫県】 誤操作・誤送信

    市立小学校、保護者1人宛のメールを保護者228人宛に誤送信

2020年4月22日、兵庫県の市立小学校の校長が、
保護者1人宛のメールを保護者228人宛に
誤送信していたことがわかった。

誤送信したのは、名前と書類の名称、
「連絡をいただけないか」と記載した保護者1人宛のメール。

児童の提出した書類に不備があり、
担任が保護者に電話をしたがつながらなかったため、
校長がメールを送ったという。

校長は、緊急時の一斉送信に使用する「学校連絡メール」を使用し、
宛先の設定を一斉メールにしたまま保護者228人宛に送信していたという。

(2020.04.22)

つぶやく

一覧へ戻る


PAGE TOP